ABOUT US

会社情報



代表からの挨拶

弊社のミッションは「風洞の再発見」にあります。


風洞は風を理想的な環境で流し、実験対象物に対する流れの影響を観察するための装置です。風洞の歴史は航空産業の発展とともにありました。ライト兄弟が風洞を自作し、得られたデータを元にライトフライヤー号の飛行を成功させたのを皮切りに、世界中でより大型、より高精度、より高出力の風洞を開発、建設する競走が開始されました。当時、航空産業のノウハウが少ない中、実際に実機・ミニチュアなどで気軽に試験をすることができる風洞は無くてはならないものでした。航空機、鉄道、自動車の性能が向上し、高速化するにつれ、風洞の重要性は上がり続けました。また近年は建築物の巨大化・高層化のトレンドの中、建築産業にとっても風洞は無くてはならないものとなりつつあります。まさに、風洞によって我々の生活は支えられているのです。

代表取締役社長 ローン・ジョシュア

IT技術の発達に伴い、流体シミュレーションが台頭してきた近代においても、実際の現象を発生させる風洞試験を正確性においてあくまで近似であるシミュレーションが追い越すことはできないため、完全に取って代わられることは無いと考えています。失敗が許されない流体試験・評価では引き続き、風洞が最後のチェック役でありつづけるでしょう。しかしながら、少しずつ従来の需要が流体シミュレーションに取って代わられる風洞がなんの成長もせず、挑戦もせず、存在感を失っていく現状は嘆かわしい限りです。

我々は、風洞にはシミュレーションに無い価値が沢山あると考えています。 例えば、風洞は人間が立ち入ることができます。そのため、スポーツにおける空力パフォーマンスの改善など、人間の感覚と数値を結びつけることが重要な分野においては、シミュレーションに対して大きなアドバンテージがあります。

このような風洞にしかできない新しい価値を再発見し、これまでにないサービス・商品の開発、そして風洞産業の革新を目指すような企業になれればと考えております。

株式会社日本風洞製作所 代表取締役社長 ローン・ジョシュア